PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

FUNAI先生

9月も中旬、変わらず慌ただしい毎日です。
家と工房を行ったり来たり、バタバタです。

そんな昨日、チラシやDMにまぎれて、一通の封筒が。


大学の恩師、F先生の奥様からだった。

≫ Read More

| 今日の気分 | 23:25 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

気づけば9月。

今年の夏は暑い。
ちょっとは
マシになったかなー?つっても暑い。

夏が長い‥‥。

今年の染物屋の繁忙期も長い‥‥‥。
なかなかゴールが見えません。
ブログもほっぽってたら、9月になってしもた。暑い。

染物というものは蒸したり、熱湯に浸けたりと
熱処理しないと染料が生地に定着しないので、毎日汗だくだくです。暑い。

なのにとりたてて夏やせしないウチ。
なんでやねん。



さあ!
へこたれずがんばろう!



写真はまだ全然暑くなかった頃に撮った写真。
レンガと淡いグリーンの壁と白黒ネコが良い感じ。

2cat.jpg


| 今日の気分 | 20:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

7月にあったこと

今回は不定期マンガは、ちょっとお休みして
7月にあったことを。


◯7月3日
飴屋のかやちゃん、やっちゃんと久しぶりに3人で会う。
キセルのライブである。

ライブはやはり素晴らしく、あの兄弟の声はお腹と脳みその奥にじんわりしみこんで来る感じがする。
滋養に良い声と音楽だなー。と、つくづく思う。

キセルってカフェ音楽とか癒し系とかそんな簡単なくくりじゃないんだろうな。
もっと表現のふり幅の大きいことしたいんだろうな。と思ったのは
後半で音響が大きくなった時だ。
かっこいい~と思いつつ、音の波動がびんびん身体を覆って、体力が‥‥。
周りの若いお客さんは平然としてたのに。
もうすっかりオバはんだなー。と、つくづく思う。

というのも
その日、大きい荷物を持って来たかやちゃん。
その荷物とはウチへの誕生日プレゼントだった。
またひとつオバはんになった物的証拠である。

もう恒例となった、今年のかやちゃん手作りプレゼントはこんなんです↓

kayap.jpg


このようにロール紙をセットし

kayapp2.jpg


このように使う、置き型トイレットロールカバーです。

白いボディは紙粘土製。
ハッキリ言って、ずっしり重い。

なんで?トイレットロールカバーをウチにくれるの??かは謎のままですが
重いのに、
けっこう手間と時間がかかるのに
ウチのために作ってくれたと言う心意気が嬉しい。

しかも『豆しば』の豆知識が延々プリントされたトイレットロール付き。

例えば
「ねぇ知ってる?ナマケモノはぜんぜん動かないから、背中に苔が生えてるんだって。」

など、取り立てて役に立たない豆知識に感心して、トイレについ長居してしまうこと間違いなし!


ただ残念なことに
我が家のトイレには、適当な置き場所がない。

なのでかやちゃん。
居間に置いて、鼻かんだりする時に使いますー。


ありがとう!



(こんな脱力系力作もらったら、ウチがかやちゃんにあげる時、どないしよ‥‥。
もうとっくに誕生日は過ぎてしもうたというのに‥‥
と、プレッシャーを感じずにはいられません。)














| 今日の気分 | 20:51 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

京都左京区を巡る。そして鴨川の鳶にパンをさらわれる。

5月1日、2日と
京都を(おもに左京区を)ウロウロしてきた。

目的は
1.長谷川等伯展を観ることと
2.ガケ書房へいっちゃん人形の納品。
3.かおるくんとあゆみこさんの顔を見に行く
4.BAR探偵三年目記念パーティに行くこと 
である。
のんびり行ったつもりだったけど、実に濃く詰まった内容だった。
その時の感想などつらつらと。





長谷川等伯は、「1時間2時間待ちは当たり前。」と聞いてたのででビビリながら足を運んでみたら、5分くらいで入れた。ラッキー♪
とは言っても、中はやっぱりスゴい人。絵の前に人がひしめくひしめく。
でも『松林図屏風』の前になると、なぜか人が一定の距離をもって離れて見入ってるのが、興味深かった。
あの霧のかかった空気感が、自然とそうさせるのだな。
遠ざかった方が静寂な絵の中に包まれる。そんな気分になるのだな。



それから新しくつくったいっちゃん人形の納品のためにガケへ。
ココも観光名所なのね~。ガケ車で記念撮影する女性が何人も。
新作を見て、男前のガケ店長に
「良い意味で脱力できていいですね。怒ってる人に見せたらいいかも。」みたいなことを言われる。
そういうつもりで作ってるので、そう言われて(しかも男前に)嬉しく思う。
ウチ的にはもうちょっとハイペースで売れたらもっといいのにな。と思う。
お客さんの購買欲まで脱力しては意味がないし。
さて、どうしたものか‥‥。


んでもってガケからほど近い宮CITY宅へ。
連休中で留守かなー?と思ったが、宮CITYは仕事で不在。
あゆみこさんと薫くんには会えた。連絡も無しで押しかけた割にはラッキー♪
また少し大きくなった薫君は、終止ご機嫌さん。
愛想の良い元気な子である。すくすく育て。
もうすぐ着工するというあゆみこさんのお店(彼女は菓子職人)の模型など見せてもらう。
夢と希望と不安とが織り交ぜになったあゆみこさんの話を聞いて、微力ながら応援せずにはいられない気持ちになる。



それからまたぽてぽて歩いて『BAR探偵三年目記念パーティ』へ。
BAR探偵の常連でもなんでもないくせに。めっちゃアウェイを覚悟して。
「BAR探偵の記念パーティなんやから、きっとなんかあるに違いない。」とgen3の嗅覚は的中。
オーナーの林海象監督や教え子さん達が映画の衣装に身を包みお出迎え。
お祝いに駆けつけたミュージシャンのライブは、隙間なく行われ、アウェイなウチらはかぶりつきで堪能。
昭和歌謡をいっぱい聴く。
山本精一氏、Lovejoyのbikkeさんの歌に涙が出そうになる。
芸達者な教え子さんが手品をしたり、自作の歌を歌ったり。
終止お客が退屈しないように、全体を常に把握して流れを代えて行く采配は、やっぱり映画監督やな~と感心する。
それをサポートする室ちぐさんとハグして、ええ感じで酔っぱらってBAR探偵を出る。
もっと京都に来て、もっと立ち寄ろうと思う。


それから安宿に泊まって、爆睡。


ええ感じで酔っぱらった後に、ほんのり二日酔いというものを感じながら、お昼過ぎまで京都を散策。
ぽかぽか陽気の鴨川でサンドイッチでも食べよう。となる。

視線下には子供達が水遊びする姿。それを愛でつつ、
河原でウチは鶏のテリヤキパンをかぶりついていた。
美味しいテリヤキパンだった。

3口目に入ろうとした瞬間、
何か黒いものが、すごい速さで横切った。


悲鳴を上げるヒマもなく、口にくわえてたパンは無くなっていた。

ヒラヒラとスローモーションのように、パンを包むビニール袋が宙を舞う。
それを下で遊んでる子供が面白がってキャッチする頃、やっと自分に何が起こったのか理解する。

鳶だ。

鳶にテリヤキパンをさらわれたっっ!!

tonbi.jpg


↑この中のどいつかにっっっ!!(ちっせ~)



鳶は油揚げさらうだけではないのです。
パンもさらうし、濃く詰まった京都での出来事のオチもさらってしまうのです。


ゴールデンウィーク真っ盛り。
皆さん、奈良では鹿に。京都は鳶に気をつけましょう。

















| 今日の気分 | 22:56 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

あけましておめでとうございます

今年もよろしくお願いいたします <(_ _)>

nenga2010.jpg



写真の人形はネコではありません。
寅です。
膝にネコをおいた寅男爵という設定なのです。(略してトラ男。)



その証拠に‥‥‥
見たい人はおまけの写真をどうぞ。

≫ Read More

| 今日の気分 | 00:00 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT